本番はソープのみ

風俗業界で働きたいと考えている女の子は年々増えていっているのではないでしょうか。
やはりまだまだ不況の煽りが残っていますので、当然のことなのかもしれません。
それでも、風俗業界未経験の女の子にとって不安に感じることは、「本番行為の有無」になってくるでしょう。
人によっては、「風俗=本番」と認識している人も決して少なくはないはずです。

正直こういった考えというのは、風俗業界で働くハードルが上がってしまいます。
そういった心配はいらないのです。
もちろん風俗業界にはたくさんの業種が存在してきますが、「本番行為」が許されている業種は、「ソープランド」のみになります。
一言でいえば、本番をする風俗は一種類しかないのです。
一日に、複数人のお客様を相手にしないといけないのが風俗の大きな特徴になります。

一般のOLさんのような座り仕事では決してありませんので、それなりに体力というものを使う仕事になります。
本番行為がある「ソープランド」のお仕事というのは、当然女の子の身体の負担が大きい分、高収入も見込めるような上級者向けのお仕事になってきます。
ですので、初めて風俗業界で働く女の子にとっては、簡単にオススメができるような業種ではないということがわかります。

身体の負担のケアはもちろんのこと、本番行為がある分、病気に関しても大きなケアが必要となってきます。
「風俗=本番」という認識で働くことを躊躇っている人にとっては、この「ソープランド」だけは避けて他の業種を探してみることで、多少の不安は取り除けるのではないでしょうか。



Copyright © 2014 風俗での本番行為は当たり前なのか All Rights Reserved.